「音楽家とつくる!あなたの周りが楽器になる!?」ワークショップ:松本一哉

9/18(月・祝)「ゼロダテ少年芸術学校2017」の獅子ヶ森特設サイトにて松本一哉さん(音楽家/打楽器奏者)によるワークショップが開催されました!_DSC3213-2000_DSC3215-2000

木の棒の先に木製の立方体を取り付けた「バチ」が参加者に配られ、松本さんが音の出し方を問いかけます。「ただ叩くだけじゃなくて、転がしたり、何かにこすってみてもそれぞれ違う音がしませんか?」_DSC3223-2000いよいよ「バチ」制作です。すきなスーパーボールにググっと木の棒を刺してくっつけていきます。大きいものはズッシリとしたなかなかの重さ。_DSC3222-2000

「こうやってこすってみると‥」松本さんがやると「ブオオオオーン」と不思議な音が!音がでるとやはり参加者の皆さんからも「おお〜」と声があがります。「みなさんも今つくったバチでここの会場内の中にあるいろいろなものにこすって音をだしてみましょうか」と松本さん。_DSC3225-2000_DSC3220-2000

こすって‥こすって‥音探し!窓ガラスはとてもよく響いていました。_DSC3229-2000なにげない身の回りの物から不思議な音が鳴っていきます。_DSC3247-2000また松本さんが用意してくださった波紋音(はもん)という楽器からはとても綺麗な音がでました!音を出すって楽しい!!_DSC3264-2000_DSC3278-2000

この日、ワークショップの後におこなわれた松本さんのライブの様子。スーパーボールの「バチ」が実際に使われ、会場に美しい音が響いています。

身近な素材から素敵な音楽の世界に触れ合える体験ワークショップとなりました。松本さんありがとうございました!

Leave a Reply

CAPTCHA