「しぜんのわ」あそびをつくる ワークショップ:村山修二郎

「ゼロダテ少年芸術学校2017」のメイン会場となった獅子ヶ森特設サイトに展示されていたアーティストの村山修二郎さんのインスタレーション作品。村山さんの展示はインスタレーション作品でもありますが、来場したお客さんが自由に参加できる自主参加型のワークショップでもありました。_DSC2889-2000_DSC2890-2000「ここであそんでいいの?」「なにこれー!」と来場した子どもたちは興味津々。_DSC2892-2000_DSC2893-2000それぞれ自然と、わら縄のわっかを手にとってあそびはじめる子ども達。もちろん何かを教える講師や先生はいません。_DSC2920-2000みんなでわっかを持って投げてみたり‥_DSC2992-2000ひとりでわっかを組み合わせてみたり‥_DSC2969-2000わっかに入ってみたり‥_DSC3235-2000わっかを使ってなんだかダンスのようなあそび!

村山さんの作品にふれている参加者の方々をみていると、子どもから大人まで、それぞれが自分なりのあそびを自然とみつけていて、創意工夫の面白さと大切さについて改めて考えさせられるワークショップでした。

Leave a Reply

CAPTCHA